« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

#16 クリムゾン・レッド(12/6.5mm)の装着画像をいただきました♪

Mangochan1 【オーナー:秋桜久様 ドール:ROSENLIED社:Monday's child ManGo】

小さい人ですよ!
内寄りの瞳の位置が絶妙ですね~。
かわいいなぁ、小さい人。

そういえば、昔会社員だった頃、会社から眼科検診に行きまして。
眼科医に「おや、右目がちょっと内斜視だね」と言われまして。
「えっ、内斜視だと何かマズいことがあるのでしょうか?・汗」と聞いたらば
「女性の場合、内斜視だと色っぽく見えるんだよ」と眼科医。
なんだそれ、リップサービスか?セクハラか?と思いつつ、職場に帰って同僚に「こんなこと言われた」と言ったらば、「それ、あたしも言われた!」という人続出でした。
・・・何がしたかったんだ、眼科医。

というわけで、眼科医の証言からも、瞳をちょっと内側寄りにするとチャーミングに見えるということが確認されています。うそ。

|

2007年10月29日 (月)

#20 金茶(14/8mm)の装着画像をいただきました♪

Paosama1 【オーナー:pao様 (SupiaDoll社:Rosy)】

「リアルな造形の子で、体の大きさ(約60センチ)の割りにヘッドもアイホールも小さいのですが
アイに力を与えて頂いて、遠目で見ても、ぐっと存在感が増した気がしますv」
過分なお言葉ありがとうございます。
瑞々しいお顔で、ほんとに生きてるみたいですねー・・・!

Paosama2 チラリと見えるオヘソあたりのラインがセクシーで綺麗なので、こちらのお写真もUPさせていただきました。*^^*うふ。

 

 

|

2007年10月25日 (木)

#28 紺色系(18/10mm)の装着画像をいただきました♪

Amakusakun 【オーナー:秋桜久様 ドール:誠史郎さん (13SD少年 天草四郎時貞・ボークス)】

少年ドールに見つめられると妙に照れてしまうのはなぜっ?(いや、別に私が見つめられているわけではないのだが^^;)

「グラスアイ単体で見ると茶色の虹彩模様が目立つように感じますが
あてて見るとメイクとしっくりと馴染んでとても自然に見えます。
虹彩のゆらぎもまた自然に見える一因となっているように思います」
とのコメント、ありがとうございます。

こうやって使った感じをフィードバックしていただくと、製作の大きなヒントにもなりますし、次はもっといいのを作りたい!という気持ちが沸いて来ます。
まったくの一人で日々黙々と作っていますので(半ヒッキー状態)、オーナー様からのご感想やご意見だけが頼りなのです。いや、ほんと。
「ここはこうしたらどう?」など、いたらない部分にもビシビシご意見いただけると有難いです。

・・・・・・やっぱりビシビシだとちょっとへこむので、へニョへニョくらいでお願いします。

|

2007年10月16日 (火)

#2 赤茶(18/10mm)の装着画像をいただきました♪

Ririsama5m 【オーナー:riri様 ドール:みいさん
(タイニーフェアリー・サラン ブルーフェアリー社)】

可憐ですね~☆配色も秋らしく。
濃い色の瞳はドールの表情を柔らかにするような気がします。
首の角度が絶妙にカワエェ。。。

|

2007年10月13日 (土)

#32 ネオジウム

#32 ネオジウム(18/9.5mm)

No032 瞳孔はチャコールグレイです。
地色はもちろん、虹彩模様もネオジウムで作っているので、しっかり変色します。
さて、あとは左右を揃えるだけだわ。(って、これがなかなか…泣)

ところで18/9.5mmのリクエストを複数の方からちらほらいただきましたが、18/10mmは大き過ぎですかね?瞳、小さめの方がお好きですか?

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

グラスアイの取り扱いについて

ガラスは比較的安定した物質です。
安いとはいえないハンドメイドのグラスアイですが、ガラスの性質の基本を押さえて大事に扱えばほとんど変質せずに長く使えますから、決してお高い買い物にはならないと思います。
ということで、グラスアイ、というよりガラス製品の取り扱いの基本を。

◆ガラスの性質◆
・衝撃に弱い
・熱(急激な温度差)に弱い
・湿気・チリ・ホコリに弱い

衝撃に弱いというのは説明するまでもありませんが、当工房で使用している鉛ガラス(鉛が25%以上含まれているものを主にクリスタルガラスと呼びます)は、ガラスの中でも比較的柔らかく、傷がつきやすいものです。
ちゃんと作られているものはうっかり落としても意外に丈夫で割れないのですが、レンズ表面などに傷がつくと台無しになってしまいますので、アイの装着作業の時は柔らかい厚手の布の上などで行ってください。
また、保存する時は、直接アイ同士が擦れあってキズがつかないように紙か布など緩衝材を間にかませた方が良いと思います。

次に熱ですが、ガラスの取り扱いで一番ヤバイのが急に熱をかけることです。
要するにガラスの食器と同じで、耐熱ガラス(硼珪酸ガラス)以外のガラスは、急に熱をかけると割れる恐れがあります。
ソーダガラスも鉛ガラスも割れる可能性はありますが、鉛ガラスは膨張係数(熱を加えた時に膨らむ割合)が大きいため、より割れやすいです。お気をつけ下さい。
で、私がひそかに心配しているのがグルーガンの使用です。
グルーガンで装着する場合、溶けた状態の温度が何度くらいなのかわかりませんが、80℃前後くらいはあるんじゃないでしょうか?
世のグラスアイはおそらくソーダか鉛のどちらかでしょうから、ハンドメイド、マシンメイドに限らず、グラスアイにグルーガンを使うのはやめといた方がいいんじゃないかなぁ。きっと割れない場合の方が多いとは思いますが。私なら割れるリスクを取ってまでグルーガンは使いません。

そして意外に知られていないのが、ガラスは湿気に弱いということです。
ガラス瓶なんかは液体の保存に使われるのになんで?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、意外や意外、条件さえそろえばガラスにもカビ(のような白いもの)が生えるのです。
湿気の多い場所で空気中の細かいチリ・ホコリが付着した状態がヤバイです。
特に工芸ガラスは、そういう状態でしばらく放置してるとガラス表面がベトついて酸っぱい匂いがすることがあります。
この酸っぱい匂いのベトつくものが何なのかは諸説あって、私も正確には知らないのですが、そんな場合は布で拭くよりも水で洗い流してタオルでササっと水気を拭えばもとのピカピカに戻ります(カビが生えてしまったものは無理です。そうなる前に早めにお手入れを)。ドールからアイを取り外せない場合は、綿棒で優しく水拭きした後、乾拭きすればOKです。
アイを使わなくて長期保存される場合も、年に1回程度は水洗い→乾拭き(メガネ、宝石用のクロスを使えばよりgood)のお手入れをされると、より長いこと美しい状態を保てると思います。

また、目に見えるような大きなキズは無理ですが、なんとなくレンズ表面のツヤが弱くなった場合は、ルーターに宝石・ガラス磨き仕上げ用のパフをつけて磨けばピッカピカに復活しますヨ。

〔10/13 追記〕
グルーガンの溶解温度、ささっとネット検索してみたら、どうやら120度くらいのようですね。沸騰したお湯より高い温度ですから、ガラスには使わない方が無難ではないかと、私個人では思います。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

#30 アクア(18/9.5mm、16/8.5mm)の装着画像をいただきました♪

Yukimorisama3s 【オーナー:Yumitu様 ドール:右・フォーリアさん(アナイス2)、左・クレセントさん(MSD:6番ヘッド美白)〔ボークス〕】

瞳の色がお揃いですよ!まさに仲良し姉妹ですねー。
若草物語のジョオとエイミーを想起しました(あと2人はどこへ?)。
ドレスがとても素敵です☆

|

2007年10月 8日 (月)

#20 金茶(14/7.5mm)の装着画像をいただきました♪

Asumisama2 【オーナー:亜澄様 ドール:蒼戸さん(MSD:ボークス)】

そ、そんなアップで見つめないで~!
照れる~!
焦る~!^^;

|

#30 アクア(16/8.5mm)の装着画像をいただきました♪

Ririsama 【オーナー:riri様 ドール:ラルナさん
(リトルフェア・ジェード エンジェルリージョン社)】

深窓のおぜう様だ~^^。
バイオリンかピアノ弾いたりしてそうです。
そういえば、文化祭の合唱の時なんかに
「誰かピアノ弾ける人いない~?」
「あなた弾けるでしょ?」
「え、でも私、下手だから・・・」
とか言いながら、いきなり初見でガンガンに弾いちゃう人っていましたよね~。。。
・・・・・・いえ、私の妄想は気にしないでください。

Ririsama3r 後日、ウィッグとドレスの別バージョンのお写真をいただきました。
こちらはゴージャスな感じですよ。いろいろ変わって楽しい~☆
アクアの瞳が映えるコーディネイト、ありがとうございます。

|

2007年10月 4日 (木)

次回出品予定のアイ その3

いきなり秋めいてきましたね。やれやれです。

次回のヤフオク出品は8日(月)の夜8時からです。
よろしければご覧下さい。

出品予定のアイは全部18mmです。

#28 紺色系(少ない茶虹彩)(18/10mm) 4点
紺色系 (18/10mm)→#29 るり(18/10mm) 1点
#2 濃い赤茶(18/10mm) 2点

 

No029s #29 るり(18/10mm)
紺色のようなブルーのような?ちょっと色の名前が定まらなかったのでUPを保留してました。
これも一応ネオジウムを入れてみたんですが、ぜんぜん変色しないんです・汗。
この移ろいやすい時代、自然光にも蛍光灯にも左右されずわが道を行くヤツ・・・ということで。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »