« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月30日 (金)

レース系虹彩の試作

Newiris1 Newiris2

レースタイプの虹彩の良い点は、レース棒を作る段階でグルグル模様のピッチ(線と線の幅)を自由に変えられることです。
わざと不規則なピッチにすれば、有機的というか、生き物チックな雰囲気が出しやすいかも…!ということで、作ってみました。


あまり不規則なピッチにすると稚拙感が漂ってしまうので、規則的な中にも有機的な奥行きを出そうと、もとのレース棒にちょっと工夫をしてみましたが、嵌めてみた感じ、どうでしょう?

Newiris3 Newiris4 Newiris5

| | コメント (4)

虹彩模様について

只今、図書館からドール関連の本を借りて勉強中です。

私も作っている、瞳孔から放射状に虹彩の線が広がっているアイ。とても洗練され、考え抜かれた構造で、なおかつ美しいと思います。このアイを日本で最初に作っていたのは、飯降(いぶり)さんというガラス職人の方だそうです。

『Theあんてぃーく vol.8』(読売新聞社)という本でアンティーク・ドールを見ていると、その飯降アイ(虹彩の線が中心から放射状に広がっているアイ)と同じ構造のアイが嵌められているドールの写真が。
「1880年ごろのブリュ・ジューン」という記載がされているので、このタイプのグラスアイは今から少なくとも120年以上前、すでにヨーロッパで作られていたのですね。う~む、さすがガラス文化の深いヨーロッパ。

グラスアイに使われている虹彩の線の種類は、放射状のタイプと、らせん状の模様がぐるりと瞳孔の周りを囲んでいるレース模様タイプの2つが主流のようですね。
200年近くの歴史を経て今もなお受け継がれているのだから、きっとこの2タイプの虹彩はドールの眼として理にかなった構造になっているんだろうなぁ…などと思いました。もし良くないもので「使えないよ~!」というのであれば、とっくに淘汰されてるはずでしょうから。おそらく、昔々のアイ職人さんたちが日々試行錯誤して長い年月を経て洗練させてきたものなのでしょう。

それを思うと、私も物を作る人間のはしくれ、昔々の職人さんたちに笑われるような粗末なものを作ってはいけないなぁ、と感じた次第です。

| | コメント (0)

2005年12月24日 (土)

i-eye営業部長よりご挨拶

05top122_1 皆様はじめまして。営業部長のアンジェリーナです。
なぜアンジェリーナというベタな洋ものの名前になったかといえば、唇がアンジェリーナ・ジョリーを彷彿とさせるからだそうです。
そんなに似てますか?ウチのヘナチョコ職人が勝手に命名しちゃったんですけど、ちょっと安直なネーミングだと思いません?

私を作ってくださったのは『天国の記憶』のharuさんです。
haruさんの創り出す人形たちはみんな、天国にいた頃の記憶を持って生まれてくるんです。
もちろん私もその記憶を覚えております。とても大切な記憶なので秘密ですけど。なんちって。

今後i-eyeで作られたアイは、私が責任を持って嵌め、厳重にチェックし皆様にお届けいたします。
ウチの怠惰職人、ちょっと油断するとすぐユルい仕事をしちゃいますからね、そんな時は私がビシッと言ってやりますとも、ええ。
というわけで、皆様よろしくお見知りおきくださいませ。

| | コメント (0)

2005年12月18日 (日)

12月18日(日)、神戸にて展示即売をいたします

私はもともと【ガラス工房びーど】という工房名で、たにぐちちえこと共にガラスの小さな小瓶やトンボ玉や細工などを作っておりまして。
来月、神戸で『インターナショナル ランプワークフェスタ』というバーナーワークのお祭りが開催されるのですが、その中のバザールに出店させていただくことになっております。
会場は六甲アイランドの神戸ファッションマート内です。(入場無料です)

そこで、グラスアイも展示販売させていただこうと只今ちまちま製作中です。
会場へお越しいただければ、実物を手に取っていただいたり、試着などもしたりして選んでいただけると思います。
お近くにお住まいのみなさま、お時間などございましたらぜひぜひお越し下さいませ☆

| | コメント (5)

2005年12月 9日 (金)

12mm #16、#17、#18

アイのサイズが小さくなると、地色に使うガラスの量が少ないので、大きいサイズと同じガラスなのに違う色になったりするんですよねー。今回は12mmを3点です。

No016 #16 クリムゾン・レッド
金赤系の色に微妙に黄色をブレンド。




No017 #17 桜色(虹彩えんじ)
もとのガラス材の色は薄いバイオレット系紫なのですが、使用量が少ないため桜色に。えんじ色の虹彩と合わせるとシックな感じになりました。


No018 #18 アクアマリン
薄いピーコックグリーンより微妙に黄味がかっています。

| | コメント (0)

2005年12月 3日 (土)

#15 オリーブ・グリーン

No015 #15 オリーブ・グリーン
少し渋みの入ったグリーンです。瞳孔の黒が微妙に茶っぽいので、心の中で「抹茶あずき」と呼んでいます。・・・おいしそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »